【腸脛靭帯炎の予防に!】大腿筋膜張筋サポート

準備物

・9マスのキネシオロジーテープを1枚準備する。

やり方

①つま先を内側に向けて股関節をひねり、逆足の前にクロスする姿勢をつくる。
②膝の外側のやや下にテープを貼り、少し引っ張りながらももの外側を通り、殿部の外側まで貼る。

ポイント

・股関節とつま先を内側に向け、筋肉を伸ばして貼るのがポイント!

効果

・外ももの筋肉・靭帯を補助し、膝外側の痛みの予防に効果的!

動画

▶︎▶︎この記事を書いた人
【名前】森川稔之 Instagram Twitter
【現在の職業】アスレティックトレーナー
【所属チーム】横浜国立大学女子ラクロス部
【所有資格】
・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・日本コアコンディショニング協会認定 マスタートレーナー
【経歴】
・2009〜2010 日本大学女子ラクロス部
・2011~2015 東日本女子ラクロスクラブチーム「CHEL」
・2016〜2018 青山学院大学女子ラクロス部
・2019〜2020 横浜国立大学女子ラクロス部

関連記事

  1. 【肩の前方脱臼予防に!】肩前側押し込み

  2. 【すねの張り予防に!】前脛骨筋サポート

  3. 【足底筋膜炎の予防に!】足部 縦アーチ上げ②

  4. テーピングとは?

  5. 【背中の痛み予防に!】脊柱起立筋群サポート

  6. 【膝前十字靱帯の損傷予防に!】膝V字サポート

  7. 【もも前の肉離れ予防に!】大腿四頭筋サポート

  8. 【手首の痛み予防に!】手首フィギュアエイト

  9. 【足底筋膜炎の予防に!】足部 縦アーチ上げ①