【肩の前方脱臼の予防に!】肩外旋制限

やり方

①背中の真ん中から鎖骨を通り、鎖骨の下こぶし一つ分までテープを貼る。
②上腕の中央に一周テープを巻く。
③胸を張り、脇を少し開いた状態で手のひらがお腹につく姿勢をとってもらう。
④上腕の後方にテープを貼り、内側を通り、上方に引っ張る。
⑤肩より少し下を通り、胸部のテープまで貼る。
⑥少しずらして2、3本貼る。
⑦テープがはがれないように、最初のテープと同様に巻く。

ポイント

・テープがきつくならないように、腕を一周巻くとき、力こぶをつくってもらうのがポイント!

効果

・肩の前方への不安定性を軽減するのに効果的!

動画

▶︎▶︎この記事を書いた人
【名前】森川稔之 Instagram Twitter
【現在の職業】アスレティックトレーナー
【所属チーム】横浜国立大学女子ラクロス部
【所有資格】
・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・日本コアコンディショニング協会認定 マスタートレーナー
【経歴】
・2009〜2010 日本大学女子ラクロス部
・2011~2015 東日本女子ラクロスクラブチーム「CHEL」
・2016〜2018 青山学院大学女子ラクロス部
・2019〜2020 横浜国立大学女子ラクロス部

関連記事

  1. テーピングとは?

  2. 【もも前の肉離れ予防に!】大腿四頭筋サポート

  3. テーピングの注意点①

  4. 【背中の痛み予防に!】脊柱起立筋群サポート

  5. 【膝のお皿の痛み予防に!】膝蓋骨サポート

  6. 【手首の痛み予防に!】手首フィギュアエイト

  7. 【内ももの肉離れ予防に!】縫工筋サポート

  8. 【足をあげやすく!】腸腰筋サポート

  9. 【親指の痛み予防!】親指フィギュアエイト