テーピングの目的は?

テーピングの目的は、大きく以下の3つに分けられます。

1.ケガの予防

・ケガのしやすい部位にテーピングをして予防する。

2.応急処置

・ケガをした直後に、患部の安静を保つために行う。圧迫・固定をし、ケガの悪化を最小限にする。

3.再発予防

・一度ケガをしたことのある部位の再負傷を防止するために行う。
・リハビリや競技復帰までの間に、リスク管理のひとつとして用いる。
・テーピングの目的の中で、一番頻度が高い。

今まで「なんとなくテーピングしていた」方もいると思います。

簡単にできるテーピングでも、ひとつひとつに目的があり、意味があります。
目的を理解せずテープを巻くのは、「ただ貼っているだけ」で最大限にテープを活かすことはできません!

これからテーピングをする際は、「なんとなく」するのではなく、「なんのために」するのか、を明確にしてから行うようにしましょう!

次回は、テーピングの効果についてお話をしていきます!
とっても大切なところになるので、しっかりと理解深めていきましょう!


テーピングの方法については、こちらのinstagramで配信しているので、是非チェックしてみてください!→https://www.instagram.com/lacrosse.taping.channel/

▶︎▶︎この記事を書いた人
【名前】中村郁美 Instagram Twitter
【現在の職業】柔道整復師(接骨院の先生)
【所属チーム】sibylla
【所有資格】
・柔道整復師
・KTテープ公認・マスター認定
・中学校高等学校第一種教諭免許状(保健体育)
【経歴】
2013〜2017 日本体育大学にて学生トレーナー
2017〜 sibylla
2017〜 チアダンス、サッカーなど他競技のトレーナー

関連記事

  1. テーピングとは?

  2. テーピングの注意点②

  3. テーピングの効果とは?

  4. テーピングの注意点①