テーピングの効果とは?

今回は、テーピングの効果についてお伝えしていきます。
テーピングをするとどのような効果が得られるのか。
自分・選手にテーピングをする上で「なんの効果を得るために」テープを巻くのかが、とても大切なポイントになってきます。

テーピングの効果は大きく4つあります。

1.関節の固定

関節が通常に動ける範囲を超えてしまった場合、ケガが発生します。テーピングは、ケガを引き起こすような関節に対して、特定の動きを制限します。

2.圧迫を加える

テーピングは、全体的な圧迫を加えるだけでなく、特定の部位に対して、部分的に圧迫を加えることができます。
筋肉に対して行うと、筋肉への伸長ストレスを和らげることができます。

この2つを読んでわかるように、テーピングは「特定の動き」や「特定の部位」に対してアプローチをすることができます。
テーピングの効果を最大限に得るために、テーピングをする際は、以下を明確にして行うようにしましょう!!

・「特定の部位」=どこに巻くのか。
・「特定の動き」=どんな動きを制限したいのか。
・逆に制限したくない動きはなにか。

3.痛みを和らげる

関節の動きの制限や、圧迫をすることにより、ケガをした部分の痛みを和らげられる場合があります。
*注意:テーピングがケガ自体を治してくれるわけではないので、ケガの悪化につながる場合もあります。

4.精神的な助けとなる

ケガの発生メカニズムに合わせてテーピングを巻くことで、そのケガや、ケガの再発に対する不安感を軽減することができます。よりプレーに集中する助けとなります。

この2つを読んでわかるように、テーピングは痛みを和らげたり、精神的にサポートをしてくれる効果があり、スポーツをする人にとってはとても便利なものです!!

ですがその反面、注意していただきたいこともあります。
「テーピングはケガを治してくれるものではない」ということです。
テーピングは「カラダを治すもの」ではなく、「ココロとカラダをサポートしてくれるもの」です。

このポイントは必ず理解をした上で、テーピングを行いましょう!

テーピングは理解して正しく行えばとても効果的なものです。
しかし、間違った方法でテーピングを行えば、テープを巻いたことが原因で、自分・選手のケガを悪化させたり、さらに重大なケガを発生させてしまう可能性があります。自分・選手のためにしっかりとテーピングについての知識を深め、テ―ピングを正しく効果的に使っていきましょう!!

次回はテーピングの注意点について、お伝えしていきます。

テーピングの方法については、こちらのinstagramで配信しているので、是非チェックしてみてください!→https://www.instagram.com/lacrosse.taping.channel/

▶︎▶︎この記事を書いた人
【名前】中村郁美 Instagram Twitter
【現在の職業】柔道整復師(接骨院の先生)
【所属チーム】sibylla
【所有資格】
・柔道整復師
・KTテープ公認・マスター認定
・中学校高等学校第一種教諭免許状(保健体育)
【経歴】
2013〜2017 日本体育大学にて学生トレーナー
2017〜 sibylla
2017〜 チアダンス、サッカーなど他競技のトレーナー

関連記事

  1. 【内ももの肉離れ予防に!】縫工筋サポート

  2. テーピングの目的は?

  3. 【背中の痛み予防に!】脊柱起立筋群サポート

  4. テーピングとは?

  5. 【足関節内反捻挫の予防に!】腓骨筋サポート

  6. 【膝のケガ予防に!】膝スパイラル

  7. 【腸脛靭帯炎の予防に!】大腿筋膜張筋サポート

  8. 【肩の前方脱臼予防に!】肩前側押し込み

  9. 【もも前の肉離れ予防に!】大腿四頭筋サポート